宗教法人 慈光寺

 

HOME»  縁起・由来について

慈光寺由来

本堂

 

九十六世信海が書きました寺伝『都幾山慈光寺実録』によりますと、天武天皇の二年(六七三年)癸酉、僧慈訓が当山に登り慈光老翁の委嘱を受け、千手観音堂を建て、観音霊場として開基しました。
その頃、役小角が伊豆の国に配流となり、関東を歴遊して当山に至り、西蔵坊を設け修験道場としました。

奈良時代になりまして、唐より波濤を越えて来朝しました鑑真和上の高弟、釈道忠によって、慈光寺は創建されました。道忠は、仏法を広めるため東国を巡錫しましたが、徳望篤く利生に努めましたので、民衆より広恵菩薩と敬称されました。道忠は、当山に仏像を建て、一尺六丈の釈迦如来像を安置し、一山学生修学の大講堂としました。

 

平安時代になりますと、伝教大師最澄が比叡山に天台宗を開教しましたが、その折には道忠教団によって二千余巻の経典が奉納されたと『叡山大師伝』に記されております。

桓武天皇の延暦二年(七八三年)、伝教大師により天台密教の教旨が当山に弘通されました。その後は、台密の教法を修学する学徒と役小角の流れをくむ行徒二派が修行する女人禁制の道場として、また千手観音の霊場として栄えました。特に清和天皇には、天台別院として「一乗法華院」の勅額を賜りました。

貞観十三年(八七一年)には上野国大目安部小水麻呂(こうずけのくにだいさかんあべのおみずまろ)が、「大般若経」六百巻を書写し、当山に奉納しました。これは、筆跡優れた古写経として、国の重要文化財に指定されて現存しております。

 

鎌倉幕府を開いた源頼朝は、当寺に崇敬の念篤く、文治五年(千百八十九年)奥州の藤原泰衡追討に際し、戦勝祈願のため愛染明王像を当山に贈りました。また、寺領として千二百町歩を寄進した建久二年(千百九十一年)の源頼朝寄進状が、今に残っています。このためでしょうか、華麗優婉な装飾経として有名な国宝「慈光寺経」がもたらされて伝来しております。これは、後鳥羽上皇を筆頭とする藤原兼実一門が結縁のため書写した「法華経」の一品経であります。

建久八年には、臨済宗の祖・栄西禅師の高弟栄朝禅師が参りまして、当山に臨済宗の霊山院を創建し、禅道場が開かれました。この頃が慈光寺の全盛でありまして七十五坊が甍を連ね、壮大な寺院群は、輪奐の美を誇ったといわれております。今残る慈光坂の丈余の板碑群は、その頃の栄華をしのぶものです。

 

山門

 

戦国の時世では、当山も僧兵を傭し、近隣の城主との抗争に明け暮れましたが、それも太田道灌等によって焼き討ちの憂き目にあい、栄華を誇った寺院も衰運をたどることになりました。

江戸幕府の世となりまして、寺領百石が与えられましたが、とりわけ、3代将軍家光の室桂昌院の信仰があつく、奉納された貴重な品々を今に見ております。

昔は慈光寺がこの地方の政治・経済・文化の中核をなしておりまして、その伝統や技術が、今なお盛んな、ときがわ町の建具や、小川の手漉き和紙、そして狭山茶の産業として息づいているのであります。

今日、慈光寺は、比企山中の木立深き、静かな寺として、坂東三十三観音霊場第九番札所の巡礼を迎え、また週末には、マイカーの現代の人々が来山して憩う日々であります。

合掌